<   2007年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

c0119546_0242859.jpg

「きょうの試合は選手たちも十分に走っていなかったし、走っている選手がいたとしても、もっとフレッシュであれば、タイミング、方向、スピード、それからアイデアなどがあるクオリティのある走りができたと思う。つまり走れば良いというのではなく、クオリティが必要なのである。(残りの期間でできることは)トレーニング以外にない」

千葉県内での国内合宿を打ち上げた日本代表監督イビチャくんは、以上のようにコメントした。
いやーアジアカップ楽しみ。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-04 00:24 | football
c0119546_063526.jpg


昨日のUー20日本代表の試合を見ていると、

とりあえず走る目的がはっきりしている。

「ゴールを獲りに行く。」

運動量の「質」も大切だけど、とにかくあんだけ「量」があると、

「水を運ぶ。」なんて謙虚なもんじゃなくて、もはや洪水。

みんな、「オレによこせ。」と前方に向かってボールを追い越していく。

ボールを一番に追い越した選手にボールが与えられるかのように、

「ボールは前にしかパスできません」

なんてラグビーとは逆の新しいルールでもできたかのように、

16・44で「速い者順に抜けていい」とでもコーチに言われたかのように、

とにかくボールを持った選手を常時4~5人の選手が追い越していく。

そしてボールを取られると今度は逆方向にボールを追い越していく。

水を運ぶどころか、自分で水運んで自分で飲もうとしてる貪欲さ。

自分で合コン開いて、自分でお持ち帰りしちゃうようなアグレッシブさ。

c0119546_072629.jpgあのデカモリシの

得点欲に飢えた顔・・・苦笑

セレッソの同僚であり、

U17のカリスマである柿くんは

紅白戦時は

「キモリシ」

と呼び捨てにしてるとかw


開幕の勢いも手伝ってテンション高く飛ばしすぎていたこと、

また後半ラストに締められず失点(内田くん届いたっしょw)したこと、

GK林のバックパスの処理の不安定さ、

「寄せて変えて速く攻める」の

「寄せる」段階で寄せすぎて自分たちからハマっていった時間帯、

などなど課題は多いものの素晴らしいサッカーだったし、まず観ていて楽しかった。

しっかりとポゼッションして、90分という試合のなかで

チームとしてゴールを目指す緩急があるし、なにより五輪世代より戦っている。

世界へアピールしたい!っていう野心もギラギラしてて良かった。

吉田監督が地味だから注目してなかったけど、なかなか面白いかもしれない。

今後に期待。

次はコスタリカ戦。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-04 00:07
いま弟と風呂あがりトランクス一枚でテレビの前のソファーに並んで坐っております。

あと15分ではじまります。

U-20日本代表vsU-20スコットランド代表

結果は、3-0です。

得点の時間帯もわかっちゃってます。

今日は駒沢競技場で中学生にサッカー教えました。

大学生より面白いサッカーするねw

いつからサッカーは難しくなったんだ・・ってぼんやり考えちゃう自分がいる。

大学生にもなってプロを目指さないでサッカーすること自体おかしいのかもしれないな。

いや、違う。

逆にだからこそ意味があるのかもしれないな。

マリノスのジュニアユースの監督とか将来目指してみたいな・・なんて思う今日この頃。

「育成ほど楽しいもんはないよ」

FC東京のMコーチと立ち話したときに、氏が言っていた言葉がなんだか忘れられなくて。

c0119546_23511538.jpg

[PR]
by marc_keio | 2007-07-02 23:51