カテゴリ:未分類( 43 )

「何が飲みたい?」

昨日も李さんとコーヒーを飲んだ。
最近、よく自販機の前で缶コーヒーを買ってもらって二人で話し込むことがある。
オレが、「コレ」と“微糖”を選ぶと、小銭を入れてくれる。
李さんは“無糖”を選ぶ。

「“無糖”ですか?」

とオレが笑うと、李さんも笑う。

「ブラックが一番だよ。」

そしてポケットからタバコの箱を取り出して一服。

「俺の人生は“ブラック”だからな。」

そう言って李さんが笑う。

「“無糖”っすか?」

オレも笑う。

「甘いのはきらーい。」

李さんが笑いながら美味そうにブラックのコーヒーを飲んでタバコを吸って、またコーヒーをすするように飲む。

「最近やりがいあるか?」

「はい、ありますよ。李さんは?」

「もちろんあるよ。どんなつらいことがあってもやりがいはあるよな。」

「李さんのやりがいってなんなんですか?」

「もちろん慶應を勝たせることもそうだし、家族や仲間のために頑張って、世界に出たいな。」

スケールが違う。それは韓国に留学中の友さんもメールで言っていたことだ。
いまだから李さんの偉大さがわかると・・・。

「ヤマもそうだとおもうけど、ここが終着点じゃないから。」

短くなったタバコを灰皿に捨てて、李さんがゆっくりと歩き出す。

「天気が悪くなったり事故があって駅で止まったり、トンネルに入ったり、良い景色が見えたり、人生は電車とおんなじだ。」

「はい、そしたら終着点はまだまだ先ですね。」

「そうだよ。途中には長いトンネルもあるぞ。真っ暗な」

「ブラックっすか?」

「そうーブラック(笑)甘くないから」

「でもたまには甘さも大切ですよ」

「うーん、でも俺はブラックが好きだな笑」

李さんが空になった“無糖”の缶をゴミ箱に捨てる。

「たまには“微糖”も飲まないと。」

「そうだな。それも大事だ。じゃぁ、明日は俺が“微糖”を飲むか。」


もうちょっと熱い話をしてたんだけど、うまく伝えられないですね。
とにかく言えることは、
李さんにとって慶應やこの日本という国は、「海外」であるということ。
そして俺たちの何気ない日常は、李さんにとっては「世界」であるということ。

彼の世界観をとにかくできるだけ吸収しなければと思うと、また焦る。
[PR]
by marc_keio | 2007-06-02 21:33
冨岡エイジは、パイロットになるのが夢だという。

でも、パイロットになるためには、“不整脈の克服”という大きな課題がある。
でもでも、その“不整脈”も今ではエイジの代名詞として活躍し、試合中たとえ不整脈になっても周囲に気づかれずに息を整えて闘っている芯の強さをあわせもっている。
c0119546_115457.jpg

「どんな欠点にも長所がある」
クライフの言葉である。表面の意味だけをみれば、一長一短の真理を言っただけのことかもしれないが、まさにコーチの仕事とは、“選手に何が足りないか”、“チームに何が足りないか”を見抜き、自覚させる手助けをすることかもしれない。

「指導者とは種を蒔く仕事だ」
と言った人がいた。
医者は処方箋を書いてくれるが、グラマネはプロではない。一流のコーチでもない。グランドの学生マネージャーである。ただ、種を蒔いて、水や肥料を与えて一緒に花を咲かせる面で指導者でもある。

「ディフェンスとは、(ゴールという名の)花を咲かすための土である。」
この言葉はすべての道に通ずる意味で、至言であるのかもしれない。

c0119546_124210.jpg

最近、練習試合の選手選考のときに考えることがある。いま、必死に愛情こめて花を咲かせることも大切だが、ある程度まで咲いた花をさらに美しく磨くことは至難の業だ。そして、美しい花が咲きみだれる慶應の時代を築くには、たとえ自分が引退してこのチームを去ったとしても、2年後、3年後、美しく咲きみだれてほしい花々の種を、いま蒔くことも大切なのだ・・・と、最近かんがえる。

ただ、花々がもっとも美しく咲き誇るのは、いつだろうか。
桜がもっとも美しいのはどんな瞬間だろうか。

そう、「散りぎわ」である。

今シーズンも、慶應が一部へ行く途上で、もっと困難な局面がやってくるはずだ。そんなとき、美しく散りゆく花々の姿がドラマを生むはずだ。

そして、李さんという人は、そこに賭ける男気を持っている人だと思う。
だから、4年の力が大きいんだ!


「薔薇」と書けなくても、「バラ」にはなれる。
Gland Bloom!
[PR]
by marc_keio | 2007-05-24 07:36
“Scramble Attack”
すなわち、“緊急攻撃”。

今季の横浜Fマリノスが掲げたテーマは、一部のファンから「それよりチームが“緊急事態”だ」と揶揄(やゆ)される対象となってしまっている。
c0119546_106148.jpg

神大との練習試合に0-2で負けた後、手こずりながらも試合のビデオと悔しさを変換してHDDに詰め込み、それをバッグに詰めこみ、急いで一路日産スタディアムへ。

横浜FマリノスvsFC東京。
早野と原ひろみ。「凡将対決」を拝見しようと、陽ざしの強い2階席にすわった。日曜日の16時キックオフ。終わったら家族でディナーでも行くんだろうか、子供づれの多い日産スタジアムにはざっと2万5000が入り、いざ、ブルーダービー。
c0119546_10414660.jpg

傾きつつあった午後の陽ざしは、やがてトリコリスタたちの後方へ沈んでいき、ピッチは陽ざしの無くなった涼しさと、照明によるライトアップによって激しさを帯びはじめる。

マリノス、敗戦。

大きな何かが不在で、ポッカリと埋められない穴から、冷たいすきま風が吹き込んでいるようなチーム状況。埋められない穴は、別にポテンシャルでもシステム的な要素でもないと思う。トリコロールの誇りが傷つくことを最も忌み嫌う闘将の情熱が、いまの横浜には必要であることは明白だ。

c0119546_10133822.jpg


早野さんと原さんを見ていて、ひとつ感じたこと。
サッカーの戦術云々は監督として当然必要なもの。

ただ、最後に勝負を決するのは、ほとばしるような熱い情熱と、心の底からチームを愛する想い。だから、今季の慶應は強い。だから、水沼さんが就任したときは、一時的にせよマリノスは復活した。そのあとに、それを表現する手段として、そのベースのうえにタクティクスという順序のはずだ。

熱い情熱と、愛に満ちた想い。

それはリーダーとしての土台であり、同時に、最後のところでリーダーの大きさや価値を決めるものであると感じた。

そんなことを悶々と考えながら、来週からもういちどみんなの前に立ちたいと、来週は勝ちたいと、チームを良くしたいと・・・、人の居なくなったスタジアムの2階席で、静かに気持ちを立て直した。

そして、あの男の帰還を願うのだった。
Naoki Matsuda...
[PR]
by marc_keio | 2007-05-21 08:02