カテゴリ:未分類( 43 )

『アウェイの洗礼』を集中豪雨のように浴びせた埼スタから一転、赤坂から帰ってきて急いでテレビをつけると、すでに川崎が『アウェイの洗礼』の中で戦っていた。
超満員の観客席からはもちろん、選手達のバスが到着しただけで殺気に満ちたブーイングが止まなかったという。

c0119546_0434989.jpg


雑草魂・・・
[PR]
by marc_keio | 2007-09-21 00:58
外環から東北道に入り、浦和ICで降りて、いつもの林の中の駐車場で車を停める。
「スタジアムまで徒歩3分」がウリの、「1試合 2000円」の民間の駐車場である。ハンドブレーキを合図に外に出たかとおもうと、頬に吹き付けたのは、涼しい夜風に乗った赤い熱気だった。

c0119546_23412369.jpg


浦和の12人の選手達・・・
[PR]
by marc_keio | 2007-09-20 23:50
我らが賢くんがFC東京の練習に続き、甲府の練習に参加した。
その練習メニューをすべて話してもらって、その中に面白い話があった。

甲府といえばエイジの兄ちゃん・・ではなく、パス練習が非常に多いことで有名。
ただ、賢くんの話を聞くと、むしろそのパスを回されてるほうに“こだわり”があるようだ。


「ハント!」


練習中、コーチや監督がひたすらそう声をかけるという。
ボールを持った相手に対して、奪いにいく。
「寄せろ」とか「詰めろ」ではなく、「ハントしろ」。要するに、「“狩る”つもりでボールを奪いに行け」というコーチングがかかるという。

その結果、練習中のプレッシングはハンパじゃない。
一人が狩りに行って交わされれば、また誰かが奪いに行く。そいつが交わされれば、また3人目がハントしに行く。そのプレスの中で、さらにボールを失わずにポゼッションをしようという甲府のサッカー。

「すげーよ!」

賢くんがあまりにも目を輝かせて言うもんだから、どんだけすごいサッカーなんだ!笑
ちょっと今度練習見に行くか、甲府まで。。。
c0119546_23382083.jpg

[PR]
by marc_keio | 2007-07-15 23:25
のはずが、しっかり大雨の中、耕しに行ってきちゃいました!
「横浜FマリノスvsFC東京」の2nd leg@味スタ。
c0119546_137458.jpg
スリッピーなグランドなのに、22人のなかで山瀬だけは晴れの日と同じようにボールを扱っていて、普通だと思ってたけど、途中からコイツ化け物だな・・・と怖くなってきたくらいのボールコントロールに「巧」でした。
それから大島さんの浮き球のコントロールもハンパなかった。。。

4-2。(山瀬、大島、大島、マルケス/石川、金沢)

でも、やっぱり松田直樹。
ほんとうに今日も熱かった・・・。
冗談じゃなく、感動した。

やっぱり・・・松田。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-15 03:29
青写真というか仮デッサンというか・・・、
この夏のチームに対する大まかなイメージを膨らませながら、
友人と夜ご飯を食べに行く前に1時間ほどランニングで汗を流した。
c0119546_21241485.jpg

べとつくような梅雨の蒸し暑さ。
この梅雨が去って、夏がきて、また異常なくらい暑くなるんだろうか。
止まらない汗がコンクリートに落ちては、染みていく。

サッカーの「質」を追及しながら、「対戦相手」と戦いながら、
最も警戒しながら、コントロールしなければならない対象は、
もしかしたら、やがて訪れるその“暑さ”なのかもしれない。

「3秒以内のリスタート」、「11Xの逆取り」
チームに降りかける新たなスパイスと考えていた2つの要素に加えて、
至急インフォメーションを集めようと思い立った要素がある。


「水分補給」

チームのために水を運びつつ、・・・
[PR]
by marc_keio | 2007-07-13 21:45
試験期間になると、無性に本が読みたくなる。
知的遊戯に溺れたくなる。
いま読みたい、というか手に入れたいSportyなBooks!
c0119546_2330845.jpg

「MODESTY」 伊集院 静
「ジーコ備忘録」 ジーコ
「In His Time -中田英寿の時代-」 増島 みどり
「中田英寿 誇り」 小松成美
「イビチャ・オシムの真実」 ?
「平常心」 上川 徹
[PR]
by marc_keio | 2007-07-12 22:47
c0119546_23311974.jpg人間力のある本当の“おとな”とは、

幾多の経験を積み、

人を許すことができ、

言ってはならないことは決して口にせず、

人間の振る舞いを知悉(ちしつ)していて、

品性とユーモアと忍耐力を持つ

偉大な楽天家である。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-11 12:51
天皇杯のメンバーが決まった。
李さんが直接指揮を執ることも決まった(予定は未定)。

相手は格上。
格上のチームに勝つためにはどうすればいいのか、3人の名将に話を聞いたw


c0119546_23113064.jpg


まず攻撃の意識を封印し、相手の持ち味を潰すことで試合の流れを引き寄せる。
徹底したリスク回避をしなければならない。
スペースを潰し、ボールではなく相手の足首を狙う。
そして、最後は指揮官の胆力が勝敗を左右する。
その胆力とは、時間の経過とともに上昇するストレスへの対処のことだ。
局面を打開しようと逸る気持ちを抑え、当初決めたコンセプトをどこまで追求し、貫くことができるか。
(前イタリア代表監督/マルチェロ・リッピ)


中盤にカギをかけるインコントリスタ(潰し屋)と、高い位置での“カテナチオ”を実現できる1トップが必要。
DFラインをギリギリまで上げ、敵の頭脳に考える時間を与えず、中盤の人口密度を極限にまで高める。
遅攻から速攻への切り替えの唐突性があるチームに対して、遅攻の指揮を執る選手を抑えれば、攻撃のスイッチは当然、OFFとなる。
(前ユヴェントス監督/ディディエ・デシャン)


やることは変わらない。気持ち、集中力、魂。
(現慶應義塾大学ソッカー部監督/イー・ウーヨン)
[PR]
by marc_keio | 2007-07-09 00:56
ティフォージってイタリア語で「サポーター」って意味だよね?たしか。
今日ナンバーを読んでて、フィリッポの記事のところで
「ティフォージのために」って何度も出てきたから。。。

マネージャーのサキちゃんがイタリア語だから調べてもらったら、


Ti foggi


で『あなたは形成される』。
転じて、『自分を作り上げる』という意らしい・・・。
『あなたが私達を支えてくれる』ってことでサポーターなのか。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-06 03:05
帰宅してから、録画しておいたNHKの番組を見ていた。
主人公は「ダイ」こと、松井大輔。
どよ~~~んと鋭すぎる目を持つダイの苦悩を追うドキュメント。
c0119546_2259682.jpg


つづきはこちらから
[PR]
by marc_keio | 2007-07-04 23:04