2010年 06月 30日 ( 1 )

c0119546_041496.jpg


日本代表の戦いが終わった。

初戦のカメルーン戦に勝った直後、「試合終了のホイッスルは、次の試合の開始を告げるホイッスル」と語った岡田監督。4年後のブラジル大会へ、日本人ひとりひとりの、新たな4年間がはじまった。

赤い目をこすりながら、多くの日本代表の選手が「サッカー人生はつづく」という意味のコメントを残したという。PKが嫌いだったオシムさんも、きっと選手に声を掛けるとしたら、こう言っただろう。

「残念だ。だが、人生はつづく。顔を上げろ」

世界の列強が「本当のワールドカップはベスト8から」と高言する壁を打ち破ることは出来なかった。「『そんな簡単にはいかないよ』。そう言われてるようだった」と語った岡田監督。北沢豪が「日本はベスト8に一番近い、『ベスト9』です」と言ったように、世界のなかの自分たちの実力を客観視し、対戦相手を分析し尽くし、準備に準備を重ね、そして「融和」というサッカーにおける最大の武器を最大限に高めて戦った4試合は、新しい扉を力強くノックした。

自身も南アフリカを訪れたというMISIAのツイートに共感!

大きな 大きな 大きな 拍手を。


c0119546_0415037.jpg



「大会前に多くのファンが応援してくれたことだけじゃなくて、多くの人が批判してくれたことも僕は感謝しています。」
(本田圭佑)

「駒野を今日、酒に誘って死ぬまで飲ませたいと思います。僕は同い年だし、駒野をいつもいじっている感じなんで、いじり足りなかったのかなと思います。僕がもうちょっと近くにいれば良かったかなと思います。
(松井大輔)

「(監督には)ありがとうと言われた。僕も『(監督の)何百倍の感謝の気持ちでいっぱいです』と言いました。」
(長友佑都)

「(将来)自分が教える立場になったとき、そういう経験が生きてくると思う。」
(中村俊輔)

「今日の試合で、日本代表が持っている全力を出し切ったかというと、そうではないと思います、僕は。」
(中田英寿)
[PR]
by marc_keio | 2010-06-30 16:15 | football