2007年 08月 13日 ( 1 )

いま、下田にいる。

ここのところ、夜そのまま下田に泊まるか、夜のうちに車で下田に移動して、朝までいろいろやってたりすることが多い。

Mルームでスクリーンで映画を見たり、夜のグランドでボールを蹴ったり、ベランダで涼んだり・・・。
今年の慶應の快進撃のうち、オレは2試合くらいしか見れなかったが、この夏、(市川と)1プレイ1プレイ入念に全11試合を見させてもらっている。いろんなものが見えてきた。これをまとめて、トップの選手に伝えるのは、9月の後期開幕前。時間がない。

R部屋でこうしてキーボードの上で指を走らせてる今も、外ではセミが鳴いている。
セミより必死に生きたいと、何度もこの夏思った。
もうオレに残された時間は少ない。

「悲願」。
今年、必ず一部に行かなければならない。
チームのためでも、仲間のためでも、李さんのためでも、OBのためでも、後輩のためでもない。
本当に大きな場所へ。いつでもオレは大きなものを求めてきた。大きな悲願へ。
自分と、自分の愛する弟のために、絶対に今年、一部に上がらなければならない。
その一部で通用するチームで戦うために、自分のサッカー観を磨くために、この夏が、最後の夏なんだ。

つづき
[PR]
by marc_keio | 2007-08-13 00:06 | football