Bank Bandが「僕らの音楽」に出演!

c0119546_13252054.jpgBank Bandのテレビ出演が決まりました。
1月18日(金)の23時半からです。櫻井さんと玉置浩二さんがコラボレートするみたいです。

公式サイトもリニューアルされ、1月16日にはCD「沿志奏逢2」とDVD「ap bank fes '07」が発売されます。新しいホームページに記された櫻井和寿さんのメッセージからは、強い“信念”のようなものが伝わってきます。はい、空を見ましょう。





,



「ブレない軸と、判断力。」


昨年末に開催されたクラブワールドカップで、ACミランが来日した。「善戦」と讃えられた浦和だが、世界との差は歴然としていた。その“差”をある解説者は“個の力”であると、ある識者は“すべてのスピード”であると分析した。

すべてのスピード――。
そのなかでも、「判断のスピード」の差が最も大きかったのではないだろうか。ここでいう「判断」とは、360度、四方八方から情報を集める作業過程も含めての「判断」である。(首を振って)かき集めた情報を取捨選択し、厳選された選択肢のなかから瞬時に最高の「判断」をくだし、洗練された技術によってそれを実行に移す。捨てられた選択肢でさえも“おとり”にして相手の逆を取る狡猾ささえもあわせもつ。速いゆえに生じた余裕で、魅せるプレーでスタンドを沸かすことだってできる。そんな世界基準の本物のスピードに、浦和の選手たちは到底ついていけなかった。

c0119546_1319087.jpg

あふれかえる情報の坩堝(るつぼ)と化した現代社会。昨年の一文字が「偽」となったように、その情報の真偽すらわからないご時勢。“効率性”と“均質化”を目指す社会は、“無駄”や“自分らしさ”を許してはくれない。

それでも、櫻井和寿というミュージシャンの軸はぶれない。ミュージックシーンのトップを走りながら、トレンドさえも自分の“HOME”に取り込んで自分色に変えてしまう強さを持っている。鋭敏な感性がキャッチした情報を指先にこめて六弦をかき鳴らし、静かに叫ぶ。どんなに情報が氾濫しようと、自分の信じてきた音楽たちを愛し、柔軟に新しい音をつくりだしていく。

なにも変わらない。だから新しい音楽が、ここにある。

c0119546_232304.jpg
c0119546_12241955.jpg


ap bank official web site is HERE
「僕らの音楽」official web site is HERE
[PR]
by marc_keio | 2008-01-02 23:01 | music