浦和レッズvs鹿島アントラーズ

c0119546_1604559.jpg




,




試合の流れを読む力。
それは、経験の異名ともいえる。試合の流れを左右する1プレーにこだわる意識のキレが際(きわ)立つ試合だった。監督も含めて、試合の流れを読む力に勝った鹿島が、この試合を制した。

試合の主導権が、最後まで主審の判定基準と大きく関わってしまったのが、せっかくの好ゲームを後味の悪い結果に結びつけた要因だろう。

前半から、大岩と岩正(正直どっちがどっちだかわからないw)がワシントンに執拗なマークを繰り返すが、ほぼフェアともいえるヘディングをことごとくファウルととられる。そのレフリーの判断基準に最後まで首をかしげる鹿島の2センター。
前半終了間際には、新井場が同じヘディングのシーンで“故意のひじうち”と取られ、この日2枚目の警告で退場。0-0のスコアで鹿島は前半40分過ぎから10人での戦いを強いられる。

c0119546_13511245.jpg


後半開始時、鹿島に交代はなかった。
新井場が抜けた左サイドバックの位置には、なんと本山が入る。勝つ以外優勝の可能性が絶たれる鹿島としては、「攻撃的な選手はひとりも削ることが出来ない」という山本正邦の解説。首の故障で前半途中で平川が細貝に負傷交代していたことも考慮しての荒治療だろう。

試合の流れを読む力、試合に負けない術を熟知し尽くしてアジアの王座に君臨した浦和イレブンが、その鹿島の負い目につけこまぬはずがなかった。すべての選手が鹿島の左サイドを狙い、本山のいる左サイドに次々とパスが供給される。永井も長谷部も左寄りにポジションをずらす。

逆に鹿島も、チャンスと勝機のタイミングをうかがいつづける。
この日、警告を1枚受けているワシントンが、微妙な交錯でペナ内で倒れれば、鹿島選手のほとんどが主審に詰め寄る。ダイブによる警告を指摘してワシントンを退場させる思惑である。フェアなファイトの中で、すべての選手が時間、警告の枚数、前後の主審のジャッジの矛盾に、敏感に反応して隙がない。

鹿島のオズワルド・オリヴェイラ監督は、ハーフタイムに「1本のカウンターアタックを確実にものにするように」との指示を授けた。そして、66分、試合を決めるゴールは、なにげない1本の縦パスから生まれた。

柳沢を押さえて先発の座を守り抜き、先発に抜擢されてからの7試合、負けも引き分けも知らない田代のスルーに、マルキーニョスが反応し田代にリターン。イメージどおりに戻ってきたボールを浦和ディフェンスの裏に田代が流し込み、そこへ走りこんだ野沢が芸術的なシュートで鹿島が先制。

久々に先発に復帰した左サイドの相馬に対して、ワシントンなど浦和の選手は微妙な違和感を感じていたはずだ。その相馬とワシントンのもたつきからボールを失い、拾ったボールを低いディフェンスラインの位置から縦に送り込んだのは、退場した新井場のポジションを埋めていた本来トップ下の本山だった。

その後、浦和が攻め立てるが、1点を奪った鹿島の指揮官は中後、船山という若い戦力を適材適所に投入し、10人のチームで1点を守りきった。試合終盤には、「水を飲むためにつばを吐いた」という船山が、「観客に対してのつば吐き行為」と取られて一発退場。試合の流れを止め続け、試合の空気を読めなさすぎた主審の最後の仕事が終わった頃、試合は終わった。

c0119546_1605735.jpg


「オレオレ!オレオレ! レーオーレーオーレーーー
鹿島ーレーオーアントラーズ 奇跡をーおーこーせー♪」


奇跡を起こせ。
6万人が沈黙する中で、おそらくその1割にも満たないであろう鹿島のサポーターの大合唱が、ひょっとするとひょっとする前人未踏の大逆転優勝を信じさせるに足る力強さを感じさせた。

c0119546_19205761.jpg「日本の王者とアジアの王者が違うのは、どうなのかと思うし。」
阿部もそう語るように、闘莉王を累積で欠くも、しっかり勝って浦和が2冠・V2を達成するのか。
それとも、新しき「赤の時代」の戴冠に「待った」をかけた真紅の名門が、悲願の10冠を達成するのか。

だが、オチがある。
浦和の最終戦の相手は、横浜FC。
吉岡さんと日産に足を運ぶ予定だ。

◇11月24日、さいたまスタジアム2002
浦和 0-1 鹿島 (野沢)
[PR]
by marc_keio | 2007-11-26 16:01 | football