ランニングハイ

c0119546_063526.jpg


昨日のUー20日本代表の試合を見ていると、

とりあえず走る目的がはっきりしている。

「ゴールを獲りに行く。」

運動量の「質」も大切だけど、とにかくあんだけ「量」があると、

「水を運ぶ。」なんて謙虚なもんじゃなくて、もはや洪水。

みんな、「オレによこせ。」と前方に向かってボールを追い越していく。

ボールを一番に追い越した選手にボールが与えられるかのように、

「ボールは前にしかパスできません」

なんてラグビーとは逆の新しいルールでもできたかのように、

16・44で「速い者順に抜けていい」とでもコーチに言われたかのように、

とにかくボールを持った選手を常時4~5人の選手が追い越していく。

そしてボールを取られると今度は逆方向にボールを追い越していく。

水を運ぶどころか、自分で水運んで自分で飲もうとしてる貪欲さ。

自分で合コン開いて、自分でお持ち帰りしちゃうようなアグレッシブさ。

c0119546_072629.jpgあのデカモリシの

得点欲に飢えた顔・・・苦笑

セレッソの同僚であり、

U17のカリスマである柿くんは

紅白戦時は

「キモリシ」

と呼び捨てにしてるとかw


開幕の勢いも手伝ってテンション高く飛ばしすぎていたこと、

また後半ラストに締められず失点(内田くん届いたっしょw)したこと、

GK林のバックパスの処理の不安定さ、

「寄せて変えて速く攻める」の

「寄せる」段階で寄せすぎて自分たちからハマっていった時間帯、

などなど課題は多いものの素晴らしいサッカーだったし、まず観ていて楽しかった。

しっかりとポゼッションして、90分という試合のなかで

チームとしてゴールを目指す緩急があるし、なにより五輪世代より戦っている。

世界へアピールしたい!っていう野心もギラギラしてて良かった。

吉田監督が地味だから注目してなかったけど、なかなか面白いかもしれない。

今後に期待。

次はコスタリカ戦。
[PR]
by marc_keio | 2007-07-04 00:07