晴れない憂鬱

Match 2 - Group A
Uruguay 0-0 France
c0119546_14244289.jpg


腐ってもフランス――。
先発に名を連ねた11名のフランス代表のネームバリューは決して低いものではなかった。アネルカ、リベリー、グルキュフ、エブラ…。しかし、試合が始まってみると、パスワークにはオートマティズムがなく、選手同士の連携にアンサンブルは見受けられない。殊に本職が左サイドバックのアビダルとベテランのギャラスのセンターバックコンビは不安定であり、最後までウルグアイの点取り屋であるフォルランにかき回された。

一方のウルグアイは、プレーオフにもつれ込む厳しい予選を勝ち抜いた守備力を存分に発揮。特にフランス左サイドのリベリー、エブエを重点的にケアし、90分間烈しいプレスで、フランスに好機を作らせなかった。
ボールを奪うと、すかさず前線のフォルランとスアレスという強力ツートップが良好な関係でボールを引き出し、幾度もフランスの守護神・ロリスを慌てさせた。
最大のチャンスは後半28分。スアレスの触ったボールがゴール正面に走りこむフォルランの前にこぼれたが、シュートはゴール左に外れた。

フランスは後半27分以降、アンリ、マルダ、ジニャクと攻撃的な選手を投入する。ウルグアイは後半36分にニコラス・ロデイロが2枚目の警告により退場し、フランスにとっては相手が10人となった最後の10分が攻めどころだったが、得点することが出来なかった。

グループAは4カ国すべてが勝ち点1を分け合う展開。
ウルグアイはキャプテンのルガノを中心とした守備は強固だった。2トップのフォルラン、スアレスは得点の期待が持てるが、如何にチームとして2人をサポート出来るかが今後の課題ではないか。

フランスはアネルカが孤立することが多く、セントラルハーフのディアビとグルキュフが如何にサポート出来るか、そしてリベリ、ゴブを中心としたサイド突破に、厚みを持ってペナルティエリアに侵入できるかを修正すべきだろう。ベンチに座るアンリ、マルダ、ジニャクという攻撃陣を初戦で出場させたことは良かった。今後の起用方法が問われるだろう。
“ジダン以後”といわれるフランス代表。リベリー、アンリ、グルキュフ。ヒーローの出現が待たれる。
[PR]
by marc_keio | 2010-06-12 14:48 | football